≪透明な新素材≫サンプルを使ってみたら想像以上に楽しみな素材だった

フコク物産のゴム形成をしている方から

「開発中の透明な新素材のサンプルがあるのですが~」

と言う嬉しありがたいお話を頂いたのでサンプルをいただきました!

青っぽいのは保護シートが貼ってあるからなので剥がすと透明です。

 

どんな素材?

話によると

・厚さ0.1mm
(サンプルで送れる厚さとのこと)

・ガラスと同じくらいの透明度

・伸縮性がある

・シリコーンゴムに似ているけど10倍以上の強度があり切れにくい

・耐熱は120°程度

・水蒸気や酸素を透過できる

・溶剤に溶けやすい

なんだかスゴいですね!

 

しかし透明な素材に絵を描いている私が気になるポイントは

【透明度】【厚さ】【溶剤との相性】
【キズや癖のつきやすさ】【強度】

この5つです。

透明な板状の素材ならガラスやアクリル板があるのですが、
板状ではなくなると絵を描くのには向かないものが多いのですよね・・・

例えば

 

少し色が入っていたり曇っていたりして透明感が足りなかったり、

 

透明度があっても厚みがあるので重たくて扱いにくいものだったり、

 

アクリル板以上に細かいキズがつきやすいものやビニール袋なんかは癖がつきやすいので扱いにくいのです。

(この辺りはそのうちお話したいと思っています。)

そして溶剤系の絵の具との相性が悪くて溶ける可能性があるもの、簡単に割れやすいものは困るので気にするポイントになりますね・・・。

 

実験してみました

実際に届いたサンプルをくるくるっと丸めたり折り曲げたり絵の具を使ってみた結果ですが、

キズのつきやすさはアクリル板くらいで、
折り紙を折るようにしっかり折ると折り目がつきますが白くはなりません。

そしてアクリル絵の具と溶剤系の絵の具(ペベオのヴィトラーユ使用)を塗ってみましたが問題なし!

※ペベオの絵の具についてはコチラ

【フランス生まれの絵の具】ペベオのガラスにも塗れる絵の具とは?

 

試しに簡単に絵を描いてみましたが使い心地は薄いアクリル板みたいな感じなので使いやすいです。

気持ち良いくらいに晴れていたのでお空に透かして撮影してみましたが、手もとは何も持っていないような透明度!

手もとに飛んできているようになりましたね!

薄くて軽いので持ちやすいので風であおられましたが変な折り目もなく・・・

私が求めていた素材にピッタリ!!!

実は大きな作品や天井から吊り下げて上を見上げて見られる作品を考えていたので、

長いシート状の物を使えばアクリル板を複数使うような継ぎ目のできませんし、くるくる巻けるので持ち運びやすさも変わります。

そして例え天井から吊り下げていて不慮の事故で落ちてきても安全性が高い!

色んなところで展示できたら面白そうなので
創作意欲が沸き立つ素材です(笑

 

この透明な素材は来年の中旬辺りの発売を予定しているそうなので詳しくは
【ゴム成形.com】さんにてお問い合わせください。

私も発売が楽しみです!

ご支援お願いします

 

上のバーナーをクリック後、

【 https://ri-animalart.com 】

と入力していただくとRi-宛にチップを送ることができます。

応援していただけると絵描き人活動の励みになります。

登録無料メールマガジン

こちらにEメールアドレスを入力してもらえると
〈Ri-アニマルアート通信〉が送られるようになります。

E-mailアドレス:


Ri-アニマルアート通信についてもっと詳しく知りたい方はコチラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です