プラスチックにアクリル絵の具で絵を描いても剥がれにくい方法

プラスチックに絵の具で絵を描きたいけど簡単に剥がれ落ちてしまったことはありませんか?

以前、プラスチックの折り畳みの鏡に絵を描いてほしいと頼まれたときにプラスチックから簡単にアクリル絵の具が剥がれ落ちたので色々試した結果、
普通にアクリル絵の具で描くよりも手間はかかりますが落ちにくくする方法を見つけたのでご紹介したいと思います。

その当時の作品↑

下準備を念入りにすれば落ちにくくなる!

そもそもプラスチックはツルツルしているので絵の具が剥がれ落ちやすいのです。

そこで本来の用途とは違うと思いますが
【アキーラ専用3Dスムースペースト】という物を使ってます。
本来の用途は絵の下地や盛り上げ剤として使われていると思います。

中身はこんな感じでけっこう固め。

これを塗れば絵の具は落ちにくくなりますし、白い下地としても使えるので絵の具の発色もよくなります。

使い方

まずは鏡の絵を描く予定の部分にヤスリがけをしていきます。
あまり大胆にやるとプラスチックを無駄に傷つけてしまうので綿棒に紙ヤスリを巻き付けたりすると細かくできます。

これをやるだけでペースト無しでも剥げ落ちにくくなりますのでやっておいた方が良いです。
下絵はペーストの上からも描けるのでだいたいで大丈夫だと思いますよ!

そしてペーストを薄く塗ります。
注意点は厚く塗るとペーストが乾いたときのひび割れの原因になるので、もし厚く盛り上げたいなら薄く塗っては乾かすを繰り返してくださいね。
あと、不要な部分は乾く前に出来るだけ拭き取っておくと後がラクです。

乾いたら下絵です。
しっかり乾くまでにけっこう時間がかかるので注意してください。

※表面が少しボコボコします

下絵以外の不要な部分カッターなどを使って削りとります。
コツは下絵の部分をなぞるように切目を入れていき他の部分は刃先を斜めにして削るようにする感じです。
プラスチックは傷つけないように注意です。

ここは簡単に剥がせるわけでは無いのここまでムダが多いと非常にめんどくさい。

そして絵の具の登場
水彩絵の具は水濡れで落ちやすいので水彩に近くて使いやすいアクリル絵の具がオススメです。

最後にニスなどでコーティングして乾かしてあげればより剥がれ落ちにくく絵を描くことができます。


以上、プラスチックにアクリル絵の具で絵を描いても落ちにくくする方法でした。

もしプラスチックが透明でスマホケースのように外部とあまり接触しないような部分がある場合はこちらの方がオススメです。

アクリル絵の具で自分だけのオリジナルスマホケースを作る方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です