プラバンで作るイラストアクセサリーの作り方

この絵の中の動物ですが…
絵の中から飛び出すことができます!

自分の描いたイラストが身近に使えるアクセサリーにもなったら良いなぁ…と思って作っていたピアスパーツの作り方を今回ご紹介したいと思います!

道具

・白色プラバン
(画像のメーカーの物が水彩画のようなタッチができやすいので個人的に気に入っています。)

・アクリル絵の具

・細い筆

・サインペン

・ハサミ

・トースターorドライヤー

・下絵

作り方

1.プラバンに下絵を写す
鉛筆で書くと絵の具で塗った時ににじむのでサインペンで書いてください。

2.切って加熱
好みの形に切って、パッケージ裏の説明通り加熱します。
トースターがない場合ドライヤーの熱風でも縮めらるので飛ばさないように気を付けてください。

3.着色
アクリル絵の具で色を塗っていきます。
持ちにくい場合はピンセットを使うと良いですよ!

画像のプラバン使用の場合 絵の具を水で薄めても塗れますし、輪郭線なども書くとイラスト感が出ます。

4.乾かす

5.プックリさせる
※とばしても可
UVレジンでコーティングするとプックリします。
ものによっては黄色く変色しやすいものもあるそうなので気を付けてください。(特に100円ショップで買えるのは変色しやすいです。)

6.穴をあける
必要な場合ピンバイスで金具を通す穴を作ります。
穴あけパンチよりも小さい穴をあけられるので作品のイメージを壊さないようにしたいのであればピンバイスを使った方がよいです。

7.金具やパーツ接着
金具やパーツ類を接着して完成

 

…とこんな感じです。
作り方、デザインしだいで様々な物が作れますよ!

最近は細かい作業に集中し過ぎると手の震えがひどくなるので作れていないのですが、ハンドメイドサイトの【minne】で販売しています。
現在販売しているもののみで今後新作の追加の予定はない状態です。

↓こちらで販売しています

基本的に何か作ることが楽しいし好きなのでご希望の方はminneのDMか今後 配信予定の【Ri-アニマルアート通信】にて受け付ける予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です