Ri-アートは3種類

よく、【絵を描くならコロコロ画風を変えずにじっくり1つに向き合った方が極められる】と言う話を聞くことがあります。

油彩をやってみたり日本画を始めたり…みたいな感じではなく、アクリル画一筋!のようなイメージですね。

ですがこちらRi-アート… 一筋ではありません。
作品としているのは2つですが3種類も浮気してます(笑

※ちょこっと抑えきれない好奇心がわき出てくることが多々あるので色々挑戦したいし…この先は増えたり減ったりすることも考えられますね。

現状3種類も浮気している理由を今回はお話したいと思います。


①本格的に絵を描き始めたのはデジタル

こちらは作品と言う訳ではなく完全に趣味の世界です。
よくある【大好きなキャラクターを描いている】ということ。

3DSのお絵描きソフトポケモンアートアカデミーでただひたすらとピカチュウを描いてました。

このソフトで陰影のつけ方や形のとり方を知って、好みのピカチュウを描くために続けていたのです。

画像はピカチュウにするのは気が引けたのでオリジナル動物絵です。

②画材の王道【紙】

誰しも1度は絵を描いたことがあるであろう紙!

プラバンアクセサリーを作るための下書きから始まりました。

最初は普通に輪郭線を描かないでいたのですが、筆で輪郭線をハッキリと描いてしまったらキャラクターぽくなってデザインが完成したわけです。

ガラス絵も下書きが紙なので色を塗ったらこっちのキャラクター系に。
ある意味修正がきかない領域となっています。

キャラクター系は大好きなので個人的にも気に入っているし描きやすいので現在 、

動物園・水族館巡りした記録として描いてます。

後日【Ri-アニマルアート通信】と言うもので限定公開でする予定ですのでお楽しみに☆


③楽しく描けるガラス絵

どの絵とも描き方が違うガラス絵

ガラス絵を描くまでに下書きなど紙に描くので、ガラス絵は紙に描く次のステップと言う考え方だと思ってください。

そして表現方法も描きたい絵もたくさん

メインとして1番力をいれたい描き方でもあります。


どれも描いている物は違いましたが動物を描くことだけは変わりません。

他の画材やその画材ならではの表現方法もあるので色々挑戦してみながらガラス絵に取り込んでいきたいと思います!

登録無料メールマガジン

こちらにEメールアドレスを入力してもらえると
〈Ri-アニマルアート通信〉が送られるようになります。

E-mailアドレス:


Ri-アニマルアート通信についてもっと詳しく知りたい方はコチラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です