自家栽培でリクガメのためのオーガニックご飯!

毎朝ロシアリクガメの【りきゅう君】のためにご飯の野草を犬と散歩しながら採っているのですが、
除草剤や農薬、犬猫のマーキングだったりとかが撒かれていないか心配になることがよくあるんですよ。

いくら人間には安全と言われているような量の農薬を使ったとしても人間より体が小さい生き物だから安心・安全とは限らないと思いますし、専門病院も少ないのでできれば未然に防いであげたいものですよね?

犬猫のマーキングの方はできれば触りたくないものなのですが、これは毎日犬と散歩してる際に犬が臭いをにするので ある程度避けられるし、しっかり洗ってあげれば害にもならないのでマシな方です。

でも農薬や除草剤はそうはいかないんですよ…。

なぜなら 雨が降っても効果がある物が多い!

これは洗っても落ちにくい可能性や根から吸い上げた水分の中に除草剤が入っていて全体に回っている可能性もあるということです。

無色透明な液体の除草剤が撒かれていたとして効果が出るまで約1週間。
それまでの間にそこの植物を採っていたら…と考えるとゾッとします。

なのでいわゆるオーガニックなご飯を作ってあげればある程度のリスクも減って安心・安全と考えたわけなのです。

「リクガメのため」と書きましたがカメのサイズによってはかなり余るので人間も食べられる野菜などを育ててしまえばメリットは多いです。

 

おいしく食べられて雑草の多くもカメのご飯になりますし、植物を育てることも楽しいものです!


雑草や野菜を育てるのはちょっと難易度が高いなぁ…と感じる方にはサツマイモがオススメです。

芋を太らせるのはコツがありますが、別に芋をカメのために育てるわけではありません。
サツマイモの葉っぱの方です!

秋にサツマイモを買って腐らせない程度に放置しておけば冬~春には芽が出ることが多いです。

ホームセンターに行けば5~7月くらいには苗が販売されているのでそれでも大丈夫です。

葉っぱだけでいいのであればこのまま土を入れたプランターにでも植えて太陽光の当たるところに置いてみてください。
(それも面倒であれば袋に入っている土を買ってきて穴をあけて芋を植えても大丈夫だと思います)

※芽が出ている芋から育てる場合は芽が出ていない部分をカットしておくと株が増やせます。

水は土の表面が乾いたときにササッとあげるだけで夏にはワサワサしますので、カメが気に入ってくれればよく食べてくれますよ!

りきゅう君は大のお気に入りです。

ついでにサツマイモのツルや葉っぱですが…ビタミンB6という栄養価が高く、炒めたりお味噌汁に入れて食べることもできます。

今後リクガメを中心に考えるオーガニック菜園を少しずつ作っていきたいと思っているので時々その様子もお知らせできればと思います。

 


余談:
りきゅう君ハウスに使っている赤玉土も再利用しています。
赤玉土の本来の利用目的の使い方ですね。
この土は りきゅう君専用としてプランターに腐葉土と混ぜこんでタンポポなどの野草を育ててます。

普段タンポポやトマトなどをあげているので水を撒くだけで芽が出ることもしばしば。

※リクガメ使用済みの赤玉土を再利用する場合はリクガメの糞に線虫がいないことを必ず確認してください。
いたら寄生虫の駆除の方を優先してもらいたいところですが…

 

 

ご相談や質問、うちのかわいいペットの話がしたい!と言う方はコメントやSNSなどでお気軽に声をかけてくださいね!

ちなみにメールマガジン【Ri-アニマルアート通信】に登録していただいている方のほうが優先されます。

登録無料メールマガジン

こちらにEメールアドレスを入力してもらえると
〈Ri-アニマルアート通信〉が送られるようになります。

E-mailアドレス:


Ri-アニマルアート通信についてもっと詳しく知りたい方はコチラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です