かけがえのない存在を届けられる動物絵を描きたい!

このサイトは…

【ガラス絵】と言われているガラスやアクリル板など透明な物に絵を描く方法をメインにしている動物絵描き人が、絵のことや動物のことをお話しているサイトです。

相棒の亀(りきゅう君)が見ているのが作品であるガラス絵

他にも動物園や水族館を巡ってみたり…

そこで会った動物を描いてみたり…

亀とボーッと日なたぼっこしたり、犬とのんびり散歩したりと癒される日々です。

そんな生き物に貰っている癒しや幸せな気持ちを絵にしてこの絵を見た人にも何か感じてもらえれば幸せだなぁ…と思っています。

まだまだ準備中ですが、

絵や動物が好きな方と癒し癒されることができるような企画やお話できるイベントを現在うんうんと考え中なので気長にお待ちいただけると嬉しいです!

やりたいことがたくさん!

動物好きとしても動物絵描きとしても動物に直接は関係ないことも…やりたいことがたっくさんあります!

まず動物好きとしては小さい時からの憧れ【各地の動物園・水族館などを巡りたい】

もう少し欲を言うと…大好きなペンギンを見るためにオーストラリアかニュージーランドの南の方にいる野生のペンギンにも会いたいのもあります。

おそらく野生のペンギンに会ったら他の国の動物も見に行きたくなると思いますが、とりあえず大きく括ると

色んな動物に会いたいです。

それと骨格標本も見ていて色んな発見が出来たり、絵の資料にもなるので見ておきたい物の1つです。


動物絵描きとしてやってみたいことは自分の作品のギャラリーを作ること!

ゆくゆくは建物を建てた方が こだわりのガラス絵の世界やアート教室みたいなことが出来るとは思いますが、しばらくは動物園・水族館巡りをしたいので車をギャラリーにしたいと考えています。

移動できるのでこの[生き物描き巡り]のサイトを通して色んな方に直接会ってお話できたり動物園・水族館巡りもできますからね!
まだ作品数が少ないのと、何より免許も車も持って無いのでこれは近いうちに現実に出来るように頑張ります!


それともう1つモットーとも言える目標が

【かけがえのない存在を届けられる動物絵描き人になりたい!】

と言うことです。

家族として大切な時を過ごす動物も、友達のように会う動物も、頭から離れないくらい大好きな動物も…

その人にとってはかけがえのない存在だと思ってます。

自分自身も生まれてからずっと動物が身近にいる生活をしていてるので、色んな出会いも別れもありましたし…学校の修学旅行などで数日間動物がいないだけでもソワソワしたことが何度もあります。

そして後で説明しますが病気で身動きできなくなった時にもずっと側にいて気にかけてくれたりもする本当にかけがえのない存在です。

このあなたにとっての大好きな存在をガラス絵に描くことで ペットロスで悩んでいる方や、片時も離れたくない時、病院などペットは入れない施設などなど…

背景を入れていないガラス絵だからこそ出来る同じ時と場所にいて癒してくれる絵を届けたいのです。

絵の描き方は完全独学

実は絵の教室や専門学校などに通ったことはありません。

あっても中・高の美術の時間とポケモンアートアカデミーと言うゲームソフトで大好きなピカチュウを描き続けているくらいです。

もともと高校生の時に動物園の飼育員になりたくて専門学校に通うつもりでした。

その専門学校はもちろん動物についてしっかり学べるしとても良いと感じて夏休み中の飼育体験にも参加。

しかしここで挫折してしまいました。

どうにかしたいと今でも思っているのですが…人間関係が不器用なのか感性の違いが受け入れにくいのか

とにかく人と仲良くなるには時間がかかります。

小学生の時に転校してすぐ2~3ヶ月は馴染めなくてほとんど学校に行けなかったり、中・高も学校には行っていたものの馴染むまでの数ヶ月はほとんど1人で過ごしてました。

(人見知りしている訳では無いので興味があれば是非とも【Ri-アニマルアート通信※下記記載】の登録で個人的にお話できますのでガンガン話しかけてください!喜びます)

そんなこんなで数日間の飼育体験で動物園の飼育員になるのに人とコミュニケーションがとりにくいことが引っ掛かって諦めてしまいました。

その後もバイトをするにも車の免許が必要だったり、接客業は受かったこともなくなかなか仕事が見つからない日々。


引きこもりがちになった21歳のある日、転機とも言える事態

先ほどチラッと出てきた身動きがとれない病気です。

朝、目が覚めたらベットに貼り付けられているんじゃないかと思うくらい体が動かせないんです!

指先は動かせたので人生初のかなしばりではないのか…と判断してムリヤリ起き上がると息切れ動悸、手足顔の痺れに震え、全身筋肉痛&関節痛…etc

とりあえずビックリですよね。

精密検査の結果【多発性硬化症の疑い】と言う診断に。

多発性硬化症について大雑把に説明すると…

合併症を起こさなければ命にかかわることは少ない神経の病気です。

ただ、繰り返し自分の細胞が脳や神経を傷つけてしまい回復が追い付かなくなれば症状が残るし、傷ついた場所によって症状も様々な困ったさんです。


でもこの病気のおかげでとても前向きになれました。

なぜなら今こうしてサイトを作れたことも、絵を描けるようになったことも…病気で引きこもりに磨きがかった結果ネットで人と繋がることができることを覚えたのですから!

始まりはお絵かきでの繋がりから。

絵を気に入っていただいて初めてプラ製の折り畳みミラーに描いた作品を買っていただき…

次は絵を活かしてプラバンでハンドメイド雑貨を作って販売もしてみた

気に入って買っていただいた方もたくさんいますし、嬉しいことに中には絵の依頼をいただいたこともあります。

病気の軽い再発で手が一時的に不自由になり雑貨を作り続けることが難しくなりましたが、絵は描けるし絵を描きたいことに気がつけたので絵の方に集中したいと思い始めます。

そして雑貨の試作品として透明プラバンに描いていた方法で現在のガラス絵の描き方となりました。

スマホケースに描けば持ち運び可能の作品に!

繋がりで癒し癒されたい

【Ri-アニマルアート通信】では絵の依頼や個人的にお話をしたり限定公開の記事を見ることができます!


絵の依頼に関して

【Ri-アニマルアート通信】登録以外からは受け付けていませんのでご了承ください。


先に伝えておきたいのですが自分の話をするよりも人の幸せな話を聞く方がほっこりして癒されるので好きです。

例えば動物の絵の依頼を受けるとしても、そこには

[あなたとその動物との幸せな物語]

が少なからずあるからこその依頼だと思ってます。

できればこの物語を少しだけでも話していただきたい。依頼の絵に思いを込めたいのです。

なので絵の依頼の有無を問わず

あなたと生活を共にしている動物との話やガラス絵や動物絵を描いてみたいなど絵の悩み…など気軽にお話しくださいね!

動物園・水族館に行った時に出会った動物の絵もここでしか見られない限定公開となっていますよ!

※画像は下書きとなっています

ご登録はただいま準備中ですのでしばらくお待ちください。