まさかの出会えるとは思ってもいなかった!!サンシャイン水族館の生き物

東京池袋のビルの屋上にあるサンシャイン水族館。

この水族館のイチオシな生き物達は屋外にいて、もちろんものすごーく興奮したのですが今回は個人的に出会えるとは思ってもいなかった生き物に出会えた室内編をお話したいと思います。

その前に水族館に行くためのエレベーターは青かった!

※他の人は誰もいなかったので写真撮影をしています。
思わぬことにエレベーターのボタンを押し忘れエレベーター内をワクワクキョロキョロしていたのはここだけの話です(笑

それではさっそく館内の水槽へ…

色んな生き物がいますが、こちらの水槽で意外だったのはチンアナゴとニシキアナゴも一緒にいたことですね!
他の水族館だとチンアナゴとニシキアナゴだけの水槽だったりするので他の魚が近寄ってくると勢いよく隠れる姿が見られます。

ちなみに右のキレイな縞模様がニシキアナゴ
左のゴマ模様がチンアナゴです。

水中に入る光の見え方や魚の群れ方など今後の作品の参考になりそうな水槽も様々…

唐突ですがこの生き物の数と水の量にビルの耐荷重のスゴさを感じます。

さて、ここからは爬虫類・両生類の事しかお話しません。

まずはヒラリーカエルガメとマタマタの水生亀コーナー!(※もちろん他の生体もいます)

甲羅が厳つくてカッコいいマタマタは隠れて休憩中なのと水槽の都合でほとんど見えませんが中央に写ってます。
しばら~く見てましたが休憩中の亀さんが動くことの方が珍しいので仕方がないですね。

そしてこの亀さん達のいる水槽の上の方にはなんとイグアナの姿が!

見えないことはよくあるそうなので近くで会えたことが嬉しいですね☆

両生類はヤドクガエルや

コモリガエル

※左の方の枯れ葉色のです。

(当たり前ですが産卵されていないので子守してる姿は見られません)など

カエルだけでも10種類以上、アカハライモリやウーパールーパーもいます。

そしてまさかここで出会えるとは思ってもいなかったリクガメ

の中に今1番会ってみたかったパンケーキリクガメの姿があるのです!!!

休憩中でお尻しか見えないのが残念ですが甲羅の平べったい感じが堪りません!!

欲を言うと野生下では岩の間に挟まって身を隠すために平べったい甲羅になったそうなので出来ればそんな姿が見たかったです。


今回は会えませんでしたがアザラシの赤ちゃんも産まれていたり、ヘビの飼育もしているそうなので次に来る時はマタマタやパンケーキリクガメも含めて観察できたらなと思います。

そう言えばスマートフォンのカメラで館内の生き物を見ると図鑑になるアプリがあるそうです。

頻繁に通えて2回分の入場料で買える年間パスポートを持っていればずいぶんと楽しめそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です