横浜中華街のひっそり水族館

 

横浜中華街でオオグソクムシに会える水族館に行ってきました!

その名は【ヨコハマ おもしろ水族館 赤ちゃん水族館】

ナビがなかったら辿り着ける自信はない中華街にあるビルの中にひっそりとある水族館です。

うっかり館内マップ貰い忘れました…。
ちなみに入館料→大人¥1400 小人¥700(割引と営業時間に関しては公式サイトにてご確認ください)

おもしろ水族館、赤ちゃん水族館とあるのですが売店をはさんで両方みれます。


まずはおもしろ水族館の感想ですが…

「ちょっと怖い!」

オオグソクムシ押しが強かったり、あちこちちょっとチャイナ風だったりするのですが…

とりあえずこのメダカ水槽

夕方に行ったからなのかは分からないのですがこれから何か起きそうな雰囲気が漂っていました(笑

他には毒を持つ生き物特集や深海生物が多かったりもしていたのですが…この水槽の異彩感はなかなか見られないと思います。

あとは…お寿司やさんのネタコーナーのようなシュールな水槽や

チンアナゴ&ニシキアナゴを探せ!みたいな水槽もありましたよ!

そしておそらくこの水族館の大目玉

【オオグソクムシ】

かなり貴重なアルビノのオオグソクムシが見られます。

残念なのは光に弱いので水槽が暗めだったのと写真はフラッシュNGなのはよく分かるんですが、

水槽の位置が足元+黒いカバーがかかっていて非常に見にくい。
あと、季節的な問題なのか水槽が結露していてより見にくかったことですね…。

でもグソクムシコーナーはアルビノだけはないです。

【オオグソクムシつかみ取りコーナー】というオオグソクムシを手で触れるコーナーもありますし、オオグソクムシが拳位の大きさだとしたら柴犬位の大きさ(長さ)のダイオウグソクムシもいます。

運が良かったようでお食事シーンが見れましたよ!


次は赤ちゃん水族館の方の感想ですが…

個人的に気になる点はいくつかありますが、こっちの方が仕掛けとかおもしろかったです。

ロッカーの中に水槽があって覗き込むまで何がいるのか分からなかったり…

実はクリオネもいたり…

サメの卵の殻が触れたり…

滑り台の下が水槽になっていたり、ジャングルジムの中に水槽があったり…

子供が走り回ったりして生き物に刺激が強すぎないかは気になりますし、
登り棒で登って上の方の生き物(遠目でクサガメを確認)が見れるとかハードモードな気がします。


マニアック度がやや高めの水族館でしたが、
子供用トイレには水槽があったりもするし低い位置に水槽が多かったりもするので、生き物大好きな子は楽しいかもです。

沖縄の珊瑚の養殖やウミガメの保護活動にも積極的なので今後の様子が気になる水族館でした。

ウミガメのマーリエ君は人慣れしてるようでしゃがみこんだら来てくれました!

 

 

 

もし、もっと詳しい絵の描き方やRi-の作品について興味がありましたらこちらでお話しています。

Ri-のプロフィール

1992年4月30日千葉県生まれ千葉県育ち

両親がかなりの動物好きなため常に動物に囲まれて育った結果、今では動物がいない生活は考えたくないくらい動物好きに。

夢を諦めたり難病になったりしていたらマイペースにできて動物とも関係のあることがしたいと思い絵を描き始め、現在は動物ガラス絵を専門に描いてます。

動物について学びながらガラス絵を中心に永遠の絵描き修行中

詳しくはこちら

Ri-ってどんな人?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です