光や景色をも取り込む!ガラス絵の魅力

ガラス絵の魅力は描く楽しさはもちろんありますが、普通の水彩画や油絵などとは違った表現や見方ができるのも魅力の1つだと思います。

絵画として

まず一般的な絵の鑑賞の仕方として額に入れて壁掛け等で楽しむことはもちろんできます。

見せる立場から言うと…この場合ガラスと額の間に紙などを挟むと塗ムラや透けるのを抑えられるので額にいれたい場合は参考にしてください。

身近な存在の絵にしたい

個人的にはガラスの透明感を活かして絵の背景が見る人の回りに影響される表現がしたいのです。

例えばペットのカメさんの絵を壁に飾ってしまうよりも、そのカメさんの生活環境がそのまま背景になる絵の方が身近に感じられます。

そして絵なので持ち運べば一緒にいられない場所や離ればなれな時などいつでも一緒にいる気持ちにも出来るのではないかと思っています。

光に透かす!

夜中に小さなLED電球を吊るしながら絵を描いていて閃いた方法で…ガラスの透明感を活かして透かして鑑賞することもできます。

まずはこの絵を見ていただきたいです↓

現在この表現方法を活かすための技術を磨いている最中なのでクオリティの方は申し訳ないのですが…

これは空に透かして海面を泳いでいるウミガメを下(海中)から見上げるイメージになるように描きました

いかがでしょうか?透かすと雰囲気や色合いが変わったように見えるかと思います。

ちなみに絵の一部に太陽もいれたかったので眩しさに耐えながら撮影はしましたが、太陽を見ると絵はほとんど見えないです。

太陽は写真に写さないと表現方法として使いにくいのと目にダメージがあるので注意ですよ!

日の時間があれば月の時間ももちろんあるので、満月の日を狙った写真も撮りました。

日中とは違った静かな雰囲気の絵として同じ絵で見ることができます。

ついでにこちらでライトアップもしてみました→ガラス絵はライトの使い方しだいで表現方法の幅が広がる!

こんな感じで見る人にとって身近な存在にしたり、思わず持ち歩きたくなるような作品も作れるのではないかとワクワクしながら描いてます。

まだまだ新しい表現方法を発見できそうですし、今現在もう1つ新しい表現方法になりそうなことを見つけたのですが、まだ作品になっていないのでこの作品が完成したら追記したいと思います。

 

 

 

もし、もっと詳しい絵の描き方やRi-の作品について興味がありましたらこちらでお話しています。

Ri-のプロフィール

1992年4月30日千葉県生まれ千葉県育ち

両親がかなりの動物好きなため常に動物に囲まれて育った結果、今では動物がいない生活は考えたくないくらい動物好きに。

夢を諦めたり難病になったりしていたらマイペースにできて動物とも関係のあることがしたいと思い絵を描き始め、現在は動物ガラス絵を専門に描いてます。

動物について学びながらガラス絵を中心に永遠の絵描き修行中

詳しくはこちら

Ri-ってどんな人?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です