思わず夢中!千葉市動物公園でいるのに見つからない動物探し

動物園で動物見るときってだいたいは見えることが多いですよね?
しかし千葉市動物公園では思わず夢中で探してしまう動物達もいるんですよ!

例えばこの画像には鳥がいるのですが…

あっ、木の上のカラスではないですよ。

中央辺りにホオジロカンムリヅルの頭が見えるんですよ!

辺りの草がもう少し黄金色になっていたら見つけられる自信はないですね(笑

動物園に行くと鳥類などは高いところにいたりするので望遠レンズが欲しくなります。

見る向きによっては丸見えなハシビロコウは木の上を巣にしているようでちょっとシュールですが、望遠レンズは不要なのが良い!

お次は難易度低め、木の上でお昼寝中のレッサーパンダ

動き回っているレッサーパンダがいると注目されにくいのかよく眠ってます。
意外と枝先の方で眠ってるのでなんかスゴいですよね。

そして1番難易度高めなのは動物科学館内にある熱帯雨林!

ここはバードホールになっていて鳥達とナマケモノが放されています。

1階からも2階からも見られるので
1階では下の方に注目すればカモなどが歩いていたりします。

2階は飛ぶ鳥を探すのにもってこいです!

オニオオハシは見つけやすいかも。

さっきチラッと書いたナマケモノは見つかりませんでしたね…。
ナマケモノすごい!

どうしてもナマケモノが見たい方は同じ館内の暗室にもいたのでこちらの方が近くで見られますよ。

一人でじっくりでも家族やカップルで動物探ししても楽しめそうですね!

ちなみに鳥類が見つかりにくいのですが、もちろんすべての鳥類が見つかりにくいわけではありませんよ。

ヘビクイワシはゲージの中にいますが、まるでモデルウォークのように歩いて近づいてきてくれますし

フラミンゴの飼育スペースは広めで近くで見ることも!

ゾウガメと同じ場所にいるこのコンゴウインコのペアはカメラを向けるまでチュッチュイチャイチャ…

アヒルなどはふれあい広場にいるのでもっと近くで見れます

姉と一緒だと動物達にアテレコみたいなのをしながら観察したりもするので色んな楽しみ方を見つけてみるのも楽しいかも知れませんね。

 

 

 

もし、もっと詳しい絵の描き方やRi-の作品について興味がありましたらこちらでお話しています。

Ri-のプロフィール

1992年4月30日千葉県生まれ千葉県育ち

両親がかなりの動物好きなため常に動物に囲まれて育った結果、今では動物がいない生活は考えたくないくらい動物好きに。

夢を諦めたり難病になったりしていたらマイペースにできて動物とも関係のあることがしたいと思い絵を描き始め、現在は動物ガラス絵を専門に描いてます。

動物について学びながらガラス絵を中心に永遠の絵描き修行中

詳しくはこちら

Ri-ってどんな人?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です