かわいいけど大変なことになった!ネコに子どもを産んでもらう前に考えておきたいこと

ネコってかわいいですよね?そんなネコちゃんにかわいい子供を産んでもらいたいと思っている方もいるかと思います。

わが家は避妊のタイミングを逃したらあっという間にネコさん大家族になってしまって大変なことになったので…
ネコが子供を産む前に考えておくと良さそうなことについてお話します。

ネコは何匹産むの?産まれたその後は?

ネコは1回の出産で平均的に 3~5匹、大型なネコなら8匹以上産むこともあるそうです。
(わが家のネコさんは4匹・3匹・4匹と産まれました。

そして発情期のサイクルによっては年に2.3回も出産できるのです。

子ネコの時はとってもかわいいですが、問題は子ネコが成長したときのことも考えなければならないと思います。

産まれてきた全ての子と暮らす場合に考えておきたい最低限2つのこと

1つめは避妊について

例え完全な室内飼いだとしても
兄弟でも母子でも父子でも…発情期になればネコは交尾して増える可能性は少なくないのです。
他にも雄雌関係なくマーキングする場合もありますし、発情期に大きな声で鳴き叫ぶことも多いです。
特に避妊していないオスの場合は独占欲や縄張り意識が強いことも…

それでも十分な場所と寛大な心を確保できるのであれば良いと思いますが、基本的には避妊した方が良いと思います。

避妊費用は

オス→約12000円
メス→約20000円

のところが多いそうです。
あらかじめ手続きをしておけば割引してくれる場合もあったので、その辺りは動物病院によって違うので問い合わせしてみてください。

 

2つめは飼育費について

ネコが増えればネコの食費がかかるのは分かると思いますが他の飼育費についてです。

衛生面では定期的に洗ってあげたりブラッシングをしてあげたりするのはもちろんですが、ネコが多いと大変なのはトイレのことです。

ネコは1匹+1つトイレがあるのが理想と言われています。
その考えでいくと家に6匹のネコがいたとしたら7つトイレが必要ということです

2.3匹くらいだったらあまり気になるものでもありませんが、数が多くなるほどトイレの数もネコ砂などキレイに維持するためのものの費用がかかります。

トイレが汚れているとネコも嫌がって粗そうすることになるので、数が多ければ家中トイレだらけにするか1日に何度か掃除をするなどしましょう。

里親は見つからない方が多い

 

産まれてくる子ネコが血統書つきの子の場合は里親が見つかることが多い方かと思いますが、そうでもないとかなり難しいです。

ネコを欲しがっていて確実に引き取ってもらえる方が身近にいれば良いのですが…
ネコを飼っている方に妥協してもらったり譲渡会に出したりするのであれば避妊手術を済ませておいた方が里親になってもらうきっかけになると思います。

それと誰かが拾って幸せに育ててくれると思って捨てるのは止めておきましょう。

車通りが多ければ交通事故の可能性はありますし、田んぼの持ち主にもよりますが川や用水路が近ければそこに捨てられることもあります。
自分で狩りができなければ衰弱してしまいます。

個人的には道行く人の誰かに里親になってもらうのであれば捨てるよりネコと一緒に待つ方がネコのためにもなるのでは?と思いますが…
きちんと責任を持って楽しくネコと暮らしたいですね!

 

登録無料メールマガジン

こちらにEメールアドレスを入力してもらえると
〈Ri-アニマルアート通信〉が送られるようになります。

E-mailアドレス:


Ri-アニマルアート通信についてもっと詳しく知りたい方はコチラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です