亀を飼うときに見てほしい【W.C】の表記

よく最寄りのペットショップに行くのですが、そこのスタッフのお姉さんが毎日 爬虫類達に話しかけながら1匹ずつ健康状態を確認してる姿がとても素敵なんですよ!

そんな素敵なスタッフさんがいるペットショップに先日【W.C】と表記されているロシアリクガメがいたのですが…

さて【W.C】ってなんのことでしょうか?

あっ、トイレの略ではないですよ!
ワールドカップとかワールドチャンピオンの略だとカッコいいかも知れませんが違うんですよ。

【Wild Caught】と言う言葉の略でして、

-野生生物を捕まえてきてそのまま飼育している状況-

と言う意味になります。

実はこの【W.C】の亀(生物)を飼育するのに大きな問題が2つあるんですよ!

①寄生虫問題

ほぼ確実にいるそうです。

(☆フンに混じって出ることが多いので
新鮮なフンをビニールに入れておくと確認しやすいですし病院での検査に役立ちます。)

カメは購入してからの環境の変化のストレスで抵抗力が少なからず落ちてしまいがちです。

そこに寄生虫がいるとカメためのエネルギーが寄生虫に吸いとられてしまい弱らせてしまったり、亡くなってしまうことも考えられます。

さらに寄生虫の恐いところは感染するところですね…。
人間への影響はハッキリとはわかりませんがカメ同士となれば確実に感染します。

なので初心者さんも複数飼いしている方も非常に注意しなければならないのです。
必ず病院検査してもらってくださいね!

②扱われ方問題

日本には野生のリクガメはいません。

外国で捕まえられてきていますが、ほとんどの場合お金目的で捕まえられています。
しかも質より量が重視という感じで非常に雑に扱われていることが多く亡くなってしまうカメも少なくは無いそうです。

カメにとって良い状態とは言えませんよね?
それに乱獲状態だと現地の生態系にも影響も与えてしまいます。

カメだけでなく、こういう生き物が多いのが非常に残念です。


【W.C】のカメにしかない魅力もありますができれば繁殖されたカメを選んで欲しいですね。

特に国内繁殖の方が搬送時間が短かったり、気温等の環境も大きく変わらないことが多いのでカメへの負担も少ないと思いますよ。

ちなみに…

繁殖された生物は出生地が書いてあると思うので表記されていないことが多いですが【C.B(Captive Bred)】と表記されます。

☆オマケ☆

うちの ロシアリクガメのりきゅう君とクサガメのいっちゃ君は茨城県出身です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です