作品をより魅力的にする光の色

カラッと天気が良い日と大雨でどんよりした天気の日に同じ物を見ても雰囲気が違く見えたりしますよね?

これが絵などの作品にとって魅力的にするかを左右するのです!

【例えば】怖さを出したいホラーがモチーフの絵を太陽光がサンサンと降り注ぐところに置いたら怖さは半減してしまいますし、もはや除霊中のようにも感じられます。

除霊中の絵は別としてこの場合だと幽霊などが1番怖いと感じられる薄暗い感じの明るさにすると雰囲気が出て魅力的になりますよね?

こんな感じで作品を魅力的にする光の色についてお話したいと思います。

 光源を上手く使おう!

まず光源ですが…太陽光とか蛍光灯の光、ろうそくの火の灯りなどのことです。
昼間の太陽光の明るさが色を見るための基準とされています。

太陽光や月・星の灯りなど自然の光を取り入れる方法と、さまざまな蛍光灯や電球の灯りを取り入れる方法があります。

※ 炎を取り入れるのは距離感によっては作品が燃える危険など条件が複雑なので今回は除外しますね。

昼間の太陽光は色を見るための平均の明るさとされているだけあって見やすいと思いますが、時間帯(太陽の高さ)や天気の影響はあります。

そして直射日光に長期間作品を当てていると紫外線の影響で変色しやすいことも…。

一時的に見る分には楽しいのですが…

月や星の光を使うのもなかなか難しいものでもあります。

雲の少ない満月の日を待たないと光が足らないので写真にも写りにくいです。

そこで照明の出番!

照明の色を使い分けることで作品のための雰囲気を作り上げます。

 3つの照明の色

照明には大きく分けて3つの色があります。

1つめ…[昼光色]

蛍光灯など非常に明るい色の照明です。
学校やオフィスなど文字を見たり集中する場所に適していると言われています。

クール系や爽やかさのある作品と相性が良い。

2つめ…[昼白光]

真昼の太陽光に近い色の光なので色を最も正確に判断できます。

微妙な色合いも見分けがつきやすい!

3つめ…[電球色]

オレンジ系の色合いで落ち着いたレストランやくつろぎの場所に使われることが多いです。
料理を美味しそうに見せる効果もあります。

明るさは少ないですが落ち着いた雰囲気やリラックス感のある作品として魅せたいときに。


電気屋さんに行くと桜色の電球やLEDなどカラフルなものもあるので悩んだら店員さんに探しいる雰囲気の物を相談するのも良いかもしれませんね。

☆こんな使い方もしてみました→

ガラス絵はライトの使い方しだいで表現方法の幅も広がる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です