柔らか光の色を作るなら絶対オススメの1色

絵を描くときに光の色はどんな色を使っていますか?

やっぱり白や描いている物を明るくした色ですか?

もしそうだとしたら、ここに1色プラスするだけでとっても柔らかい雰囲気に仕上げることができる色が存在するのです!

その色とは…

【黄色】

面白いことにどの色にプラスしても柔らかい雰囲気にしてくれるスゴい色なんです!

黄色の絵の具を使うコツ

画像は普段使っている黄色系の絵の具です。

(右から①パステルイエロー→②香色→③狐色→④黄蘗色→⑤鬱金色→⑥イエローオーカー→⑦パームレモン→⑧パームイエロー→⑨パームイエローディープ→⑩リキテックスイエローライトハンザ)

光の色はもちろん動物の毛色には欠かせないので幅広く持っておくと便利です。

特に動物絵を描くなら中間辺りの黄色(画像で言うなら⑧パームイエローとか)と黄土色系(⑥イエローオーカーとか)は暖かみのある色なのでものすごく使い勝手が良いんですよ!

逆にレモンイエローは冷たい印象があるので温度の低いものを描くときにオススメです。

さて、先程の黄色の絵の具がどの色にプラスしても柔らかい雰囲気になるお話ですが…
見てもらった方が分かりやすいと思うので画像を見てください↓

下は各色+白
上は各色+パステルイエロー+白となっています。

間に黄色を入れている方が柔らかい雰囲気に見えると思います。

ちなみに影を茶系にすればより柔らかな雰囲気に(別の機会に紹介します)
目立たせたい色が黄色の場合は紫を影や、周囲のワンポイントに入れると黄色が際立ちます。

脳を刺激してくれる色でもある!

絵を描くなら ひらめきのようなアイディアが欲しかったり、集中力を必要としたりすることが多いと思います。

実は色が人間に与えている影響を調べる実験で、黄色には脳を刺激して活性化する効果があるんだそうです。

例えば…

理解力・判断力・集中力を高めたり、
アイディアが浮かびやすくなったり、
ポジティブ(プラス思考)になれる効果もあったりするので遊び心やユーモアが生まれて親しみを持ちやすくなったり。

気になるかたは試してみるのも面白いかもしれませんね?

でもハチやトラのように危険を感じる色でもあるので使いすぎると逆に集中できなくなってしまうそうなので注意です。

ところでお気づきな方もいるかと思いますがこのサイトの背景の色も黄色味のある色となっています。

白いとまぶしく感じるのと黄色が好きなので採用したのですが、もし集中していただけていたのなら効果があったのかもしれませんよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です