ニッカーのアクリル絵の具はどんな特徴があるの?実際に購入して調べてみました

最寄りの画材屋さんに置いている絵の具に注目していて今まで私も存在を知らなかったのですが・・・
たまたま知ることができた

【ニッカー絵具のアクリックガッシュ】

さっそく購入したのでどんな絵の具なのか他のメーカーの絵の具と比べながら紹介していきたいと思います!

【ニッカー絵具】ってどんなメーカー?

絵の具をメインに製造販売している国内メーカーさんです。

ポスターカラーはアニメ業界の手描き背景での支持が多く、ジブリシリーズでも使われているんだそうですよ!

公式サイトではポスターカラーを使って絵の描き方を動画で紹介ていて面白いです。
(他のメーカーはCMみたいだったり比較映像のような物が多いです。)

他にも版画絵具や水性蓄光塗料、コミックインク、ポスターカラーをアクリル絵の具にするメディウムなどもあるそうです。

ポスターカラーとアクリル絵の具は同じ?この2つの違いを比べてみた

 

アクリル絵の具

ニッカーのアクリル絵の具は

【アクリックガッシュ】【美術教材シリーズ/ fun アクリックガッシュ】

この2つ。

違いですが
アクリックガッシュは顔料の濃度が濃く、
funの方は学校教材として使うことを目的としているので安全性の高い顔料が使用されているとのことです。

今回はfunの方は入手できていないので
アクリックガッシュについて紹介します。

アクリックガッシュ

公式サイトでは
アクリル絵の具ならではの速乾性と乾燥後の耐水性、不透明でマットな質感と記載されていました。

色数は20ml 93色 / 50ml 26色
※メーカーの都合により変わることがあります。

絵の具を出してみるとけっこうツヤがあるように見えます。

他のメーカーで例えるとリキテックスのソフトタイプのようなトロっとした固さとツヤです。

乾燥時間については記載がなかったので、

・ターナーアクリルガッシュ(かなり早く乾く)

・リキテックス ソフトタイプ(厚さにもよるけど半日くらい)

・クサカベ アキーラ(厚さににもよるけど1日くらい)

※()内は表面を指で触っても大丈夫なくらいの乾燥時間です。

この3種も薄めに塗って比較しました。

青がニッカー、紫がリキテックス、クリーム色がターナー、白がアキーラ

 

ニッカーアクリックガッシュの特徴まとめ

乾くのが1番ゆっくりなクサカベ アキーラよりもゆっくり乾くことが分かりました。

乾燥後の質感はツヤがなくなりターナーアクリルガッシュシリーズにかなり近いです。

そして別で実験していたのですが、ターナーアクリルガッシュに近い質感でゆっくり乾くターナーアーティストカラーよりもゆっくり乾きます。

ターナーのアクリル絵の具は乾くのがかなり早いので煩わしいこともありますが、
同じ質感でゆっくり作業したい場合にはニッカーのアクリックガッシュがオススメですね!

地域によっては取扱店が無いこともあるのでリンク載せておきます。(私もネット購入しました)


ご支援お願いします

 

上のバーナーをクリック後、

【 https://ri-animalart.com 】

と入力していただくとRi-宛にチップを送ることができます。

応援していただけると絵描き人活動の励みになります。

登録無料メールマガジン

こちらにEメールアドレスを入力してもらえると
〈Ri-アニマルアート通信〉が送られるようになります。

E-mailアドレス:


Ri-アニマルアート通信についてもっと詳しく知りたい方はコチラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です